やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

スイッチ新作ポケモンソード・シールドに寄せる超絶な期待感。グラフィックの美しさだけで「買い」だ!6つのポイント【ポケットモンスターソード&シールド、ニンテンドースイッチ】

ポケモンソード・シールドは期待大。PV第1弾から予想できる魅力を紹介

ポケモンブログを名乗っておきながら、1か月間ポケモンの記事を書いてこなかったので、私に失望した読者さんも多かったかもしれない。

だが、スーパーニュースだ。ニンテンドースイッチのポケモン最新作「ポケットモンスターソード・シールド」が2019年冬に発売するぞ!

え、もうみんな知ってた?流石皆さんだ、情報が早い。

 ポケモンダイレクト2019.2.27は中々に感動的だった。

www.youtube.com

では、私のブログは何をみなさんに提供したら良いか?

それは、ポケモン23周年記念の日に新作発表を見た気持ちを正直に綴ることだろう。

そして、もしかしたら皆さんが気付かなかった、ポケモンソード・シールドの魅力を、お伝えしていけたらばいいね。

6つのポイントに分けて紹介しよう。

1.グラフィックの美しさによる圧倒的説得力

ポケモンソード・シールドは、ポケモンのスイッチデビュー作である「ピカブイ」ですら、過去の物にしてしまったようだ。

ポケモン新作は想像以上にグラフィックが美しい。PV第1弾のほんの数秒で、ファンの心をわしづかみにしてしまった。

細やかな背景とアニメライクなCGの融合。

少し乱暴かもしれないが、これを見ただけで「買い」だと断言できる。

 

www.youtube.com

ゲームフリークの大森氏は今回のビデオで「最強のポケットモンスター」を作るとユーザーに約束したが、まずその第1弾は成功したと言える。その言葉に説得力を持たせるには十分すぎるビジュアルだった。

正直、彼らにこれ程の技術力があるとは知らなかった。

 

日本的な、手描きアニメのようなセルルックCGでモデリングされたポケモンたちは本当にキュートだ。

欧米のゲームにはない、日本独自の強みと言える。

www.youtube.com

私はプリキュアEDのような3DCGのビデオゲームが登場することを望んでいたが、それが愛すべきポケモンだなんて、最高じゃないか。

 白黒のゲームボーイを遊んでいた時代には、想像もできなかったことが今起こっている。

 

2.新地方ガラル地方がイギリスをモデルにしている

筆者はイギリス好きである。このブログもTop Gear とGrand Tourに影響をされまくっている。

まさか、全世界で大人気のGrand TourやTop Gearを知らない人はいないと思うが念のため、リンクを貼っておこう。

www.amazon.co.jp

 

www.youtube.com

ジェレミー・クラークソンのような愉快で皮肉屋でイカレたおじさんがゲーム内に登場するんじゃないだろうか。

 

そして、イギリスといえばサッカー発祥の地で、イングランド・プレミアリーグは世界的な人気がある。

ポケモンもどうやらそこに目を付けたらしく、主人公が3桁の背番号ユニフォームで、サッカー専用スタジアムに乗り込む姿が見受けられる。

 

f:id:yasuokaden:20190228192739j:image

参照:【公式】『ポケットモンスター ソード・シールド』初公開映像 - YouTube

 

ポケモン+サッカーのような、バトルロイヤルに代わる新要素だろうか?

サッカーボール飛ばすミニゲームならXYの時散々遊んだけどね。

 

3.女の子がオシャレでかわいい

私はポケモンに関して「女の子がかわいい」と再三主張してきたが、今度の新作はただかわいいだけじゃない。「オシャレ」なのだ。

まず主人公がかわいい。そしてオシャレ。

ただかわいいだけでなく、ファッションが素晴らしい。また、瞳からは凛とした意志の強さを感じさせるね。

 

f:id:yasuokaden:20190228192749j:image

参照:【公式】『ポケットモンスター ソード・シールド』初公開映像 - YouTube

 

 

さらに映像中の対戦相手、おそらくはガラル地方のミニスカートだと思うが、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンの初期の頃を彷彿とさせる。

こちらもかわいい。そしてオシャレ。

ドキドキ!プリキュアのOPで歌っていたように、かわいいだけじゃないのがガールズの約束なのだ。

 

4.どうやら従来の戦闘システムが継続?

こちらはまだ確定だ、とまでは言えないが、ポケモンの伝統である戦闘システムは、ひとまず継続することになりそうだ。

チラーミィとピカチュウが戦うのは、お馴染みのポケモンバトルに見える。

 

f:id:yasuokaden:20190228192758j:image

参照:【公式】『ポケットモンスター ソード・シールド』初公開映像 - YouTube

 

むしろ、ここから新しいリアルタイムなバトルなど、誰が望む?そんな複雑なゲームが世界中でヒットするだろうか?

ゲームフリークの大森氏の「これまで培ってきたポケモンらしさを大切に」とのコメントからは、ポケモンらしいシンプルなコマンド戦闘は継続するという風に、私は解釈した。

どんな新しい要素を加えても構わないが、その部分だけは変わらぬポケモンらしさだと思うからね。

 

5.新御三家サルノリ、ヒバニー、メッソンについて

正直なところ、私はこの3体にそこまで「おっ!?」という印象は感じなかった。

女の子のかわいさには夢中になったが。

まずヒバニーだが、ほのおタイプで白を基調にしてるのは珍しいと思った。

サルノリとメッソンは、特に印象に残らず、パズドラにでもいそうなデザインだと感じてしまったね。

これから好きになる可能性もあるが。

 

6.タイトルがカッコいい

ソード&シールドって名前は、純粋にカッコいいよな。

剣と盾。盾はどうか知らんが、剣が好きじゃない男子なんてそうはいないだろうから、カッコよさを求める純粋な男児への訴求力もありそうだ。

私の知る最近の小学生男児は、ポケモンにあまり興味がないという子が多くて残念だったからね。

ロゴの上にオオカミの頭のようなものが描かれているのもクールだね。伝説のポケモンだろうか。

ギルガルド?奴もまた優遇されるかもしれん。メガシンカしたりして。

 

ポケモンソード・シールド、第1弾PV、私の結論

私の結論はシンプルだ。

グラフィックが圧倒的、想像以上!オシャレ!カッコいい!

だから買おう、それだけだ。

 

合わせて読みたい

 

www.mikai.jp