やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

フォールアウト76バトロワのレビュー・感想|てんこもりカオスの今までにないバトルロイヤル【Fallout76 Nuclear Winter】

フォールアウト76バトロワはロクでもない!?

 不謹慎で荒廃した人気ゲームが新たな展開を見せた。 

Fallout76にバトルロイヤルモードが追加されたのだ。その名は"Nuclear Winter"、つまり「核の冬」。もう名前からしてロクでもなさそう。

 

f:id:yasuokaden:20190622005516p:plain

これはフォールアウト76があまりにも売れなさすぎるので、ベセスダがテコ入れに追われているのだろうか?

また欠点だらけのひどいゲームだろうって?

その答えは……いずれもイエスだ。だが、まだブラウザバックするのはちょっと待って。

 まず私が、いかにこのゲームが酷いかをお伝えしよう。「それでも」という奇特な方にのみ、このゲームはおススメされるものである。

相変わらず欠点を上げればキリがないベセスダゲームである

  • 非核三原則を唱える日本ではぶっ叩かれるであろう、「核」を前面に出した世界観。
  • 長すぎるローディング。重すぎて待ってる時間の方がゲーム時間より長い時もある。
  • マッチングとロードに3~5分→待機部屋で2分30秒→さらにロード1分を経てようやく始まるゲーム。
  • ちょっと離籍してタイムアウトすると、IDとパスワードの再入力を要求される。
  • 悪い意味で「時間泥棒」。
  • 特に説明もなく、割と複雑な操作。
  • 本編をやってる人が明らかに有利なゲームバランス。
  • 特に建築要素は、本編をやっていないとまるで意味が分からない。
  • 本編中のステータスアップの一部がバトロワでも使えてしまう。
  • マップは使い回し。
  • 同じような武器が多く、入手しても違いが分からない武器が多々ある。
  • かと思えば強い武器やアーマーは極端に強く、一方的な展開になることも。
  • 視認性が悪く、草むらに隠れているとほとんど気づかれない。
  • 「核」を使うと試合が決まってしまうほどのアバウトさ。
  • バトル中は仲間にラジオメッセージでアイテムの位置などを伝えることが極めて難しい。
  • 「核」を撃つには4人が協力してアイテムを集めることが不可欠なのだが、それを正確に伝えるにはボイスチャットをするしかない。ソロプレイヤーには敷居が高い。
  • リザルトにキル数は出るがダメージ量が出ず、またそれによってご褒美もないので、いまいち上がらないモチベーション。
  • やられた時のブラックジョークに耐性がない人はイライラしてしまうかも。
  •  そして何よりも購入コストがかかる。フォートナイトやApexが無料であることを考えると、少しハードルが高い。かなり値崩れしているとはいえ。

 

 

さて、辛抱強い読者の諸君!

よくここまで耐えてくれた。それでは、このゲームモードの魅力について解説しよう。

 

FO76バトロワはRPGを無理やりバトロワにしてしまった狂気とカオスのゲーム

言うまでもなく、フォールアウトシリーズは元々RPGだ。核と放射能にまみれた、とんでもないゲーム。

それをベセスダとかいうイカれた集団は、無理やりこのゲームを流行りのジャンルへと変貌させた。

 

「フォールアウトのテイストを踏襲しつつ、バトロワにした」?

否、「フォールアウトにバトロワを付け足した」に過ぎない。

 

手抜きかと思うだろうし、私も実際そう思う。だがそのせいで、闇鍋のような悪魔合体料理へと仕上がったのだ。

 

 試合中に核をぶっ放せる!?開発者はイかれてる!

このゲームの最大の特徴は核ミサイルを落とすこともできることだ。

いわばPUBGのレッドゾーンを好きな場所に指定し、ぶっ飛ばせる。

ダメージはどのくらい?核兵器の直撃を受けて無事な人間がいるとお思いで?

そう、核を最後の円に向けてぶっ放せば、大量のキルログと共に、勝利は貴方の物になる。こいつは中々爽快だ。まあ発動条件が難しく、私は仲間が核を落っことすのを眺めていたにすぎなかったがね!

いわば遊戯王の「封印されしエクゾディア」を5枚揃えるような難しさだ。

 

モンスター襲撃でますますカオスに

フォールアウト76バトロワでは、度々モンスターがプレイヤーに挨拶をしてくる。

対して強くはないのだが、漁っている最中にいきなり襲撃してくるので結構ビビる。

 この襲撃してくるモンスターのせいで、敵に居場所がバレて、PvPvE(人対人対エネミー)の乱戦になることもある。

 

また、モンスターは補給物資の役割も兼ねているので、スコーチビーストなどはドロップ品が強すぎて、それでゲームが決まることも。

 

他のバトルロイヤルゲームと比較して

フォートナイトもぶっ飛んだゲームだとは思っていたが、FO76バトロワはそれ以上である。

というか異常なのだ、バトロワとして。ベセスダは「ゲームバランス」なんてもんはまるで考えていない。考える必要が無い、とでも言いたげである。

きっと彼らはこう言いたいのだ。「何がeスポーツじゃ!楽しければいいだろ!」と。

ベセスダは競技化が進む現代の対戦ゲームにおいて、フォールアウトで一石を投じたのかもしれない。

 

 みんな大好きラーメンに例えるなら、

PUBGはブームの火付け役で、手堅い作りの醤油ラーメン。

フォートナイトは全部入りで、これでもかとトッピングされた味噌豚骨ラーメン。

Apex Legendsは、洗練されていて、通好みの塩ラーメン。

フォールアウト76バトロワは、もうなんかよく分からない。マーボーカレーラーメンかもしれない。

カロリーが高くとっつきにくいのだが、なんか食ってみたら美味しい。もしかしたら我々はパフェをラーメンだと思い込んでいるの可能性もある。

 

FO76NWはバトロワ界のマリオカートだ

 つまりフォールアウト76はバカゲーだ。

もう少しマイルドに表現すれば、これまでのバトロワよりもカジュアルで、運要素が高い。

 一方で、知識や経験が重要なゲームでもある。アイテムの場所や種類を覚えておかなければならず、繰り返し遊んだものが有利になる仕組みだ。

 

私はこういったゲームを知っている。そう、「マリオカート」だ。

初心者も楽しめるカジュアルなレースゲームであり、運要素が強いながら、ショートカットなどの知識が重要になるゲームだ。

一つ大きな違いを上げるとするなら、フォールアウト76は、無邪気な子供達にはとてもおススメできないゲームだということだ。

未来ある小さい子たちが核を落として楽しんでいたら、ポリティカル・コレクトネス達はハンマーを持ってベセスダを襲撃することだろう。

 

優勝は割と簡単。

監督官

最後になるが、このゲームで優勝して「監督官」になることはさほど難しくはない。

200回以上は遊んでいるAPEXでは5回、フォートナイトでは3回しか優勝したことのない私でさえ、10回ほどのプレイで2回優勝したのだ。

ガチなバトロワで疲弊した人は、一度遊んでみてもいいかもしれないね。

 

www.mikai.jp

 

 

 

Fallout 76 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ベセスダ・ソフトワークス (2018-11-15)
売り上げランキング: 650