やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

Switch Lite実機レビュー。"Switch"と比較するより、3DSの後継と考えれば買いか【ニンテンドースイッチライト】

Switch Liteには期待し過ぎないのが良い

すき家に誘われた時、「すごく美味い店に連れてってあげるよ!」と言われるのと、「ちょっとマシなドッグフードを食べに行こう」と言われるのとでは、どちらが幸福だろうか?

 

期待値を下げる、というのは物事を楽しむうえで重要な話だ。

もし誰かに食事をご馳走してもらえることになっても、期待しすぎてはいけない。

 

それは、今回発売したNintendo Switch Liteにも当てはまる。

Switch Liteは文字通り、軽いSwitchである。

それ以上でもそれ以下でもない。

f:id:yasuokaden:20190922201121j:image

このハードを楽しむには、「期待レベルをどこに置くのか」が重要だ。

新型Switchだと思うと、ひどいゴミだと感じるだろうが、3DSの後継機だと思えば、素敵な未来のマシンになる。

新しい体験に期待してはいけない

こいつを「新型スイッチだから、今までにない斬新な体験ができる!」などと期待してはいけない。

 Switch Liteはあくまで、Switchとしては廉価版で軽量版。

 

オリジナルに優っている点は、軽くて小型で持ち運びに便利な点だけ。

「お、思ったより小さい。そして軽いな〜」

そう感じたなら、貴方の新体験はそれで終わりだ。

Twitterにも小ささに感心する人はたくさんいたが、おそらくそれ以上言及する人はほぼいないはずだ。何故なら他に言うべきことがないから。

 

Switch Liteにはjoy-conというゲームをエキサイティングにしてくれるテクノロジーはない。

だからjoy-con必須の一部のゲームは、遊ぶことができない。

TVモードもなく、テレビにつなげるSwitchを羨望の眼差しで眺めることになる。

TVに繋げない、joy-conもないということは、大目に見てもSwitchの半分の機能しかない。しかし価格は3分の2なのだから、”Switchとして”考えてしまうと、少々割高だ。

「ニンテンドースイッチ」が欲しいなら、ケチケチせず従来のSwitchを買えばいい。バッテリーも長持ちするようになったからね。


Switch Liteの比較対象はSwitchではなく、3DSだ。

お伝えしたように、SwitchLiteは既にニンテンドースイッチを持っている人にとっては、新鮮な体験をもたらすものではない。持ってない人にも同様だ。


Switch LiteはノーマルのSwitchと比べたら、ハッキリ言って安いだけの代物だ。

1万円安く済ませようとした結果、それ以上のものを失うことになるだろう。


でも3DSやNew3DS・2DSと比べたら?
Switchとは別物で、3DSの後継機と考えた場合、途端に素晴らしいマシンになる。

現行の据え置き機と完璧な互換性もある。ソフトもほとんど共通だ。

たくさんのスーファミやファミコンのゲームも、月300円で遊べてしまう。

おお、なんということだ!今までにない、画期的な携帯ゲーム機が登場したじゃないか!

 

Switch LiteはSwitchであるが、Switchではない。

3DSの進化形で、ゲームボーイ、あるいはゲーム&ウォッチの血脈を持った最新の携帯ゲームマシンだ。

 

Switch Liteが最も近いのは、ゲームボーイアドバンスである。

任天堂は、本当はSwitchではなく「ゲームボーイ・ネオ」とでも銘うって出せばよかった。

ただ、それだと「Switchとほぼ同じやんけ」というツッコミが大量に入り、カスタマー部門がクレーム対応に追われそうなので、仕方なくSwitch Liteというネーミングにした。

 

だから、この記事の中で、私と読者の皆さんの間でだけは、これは「新型のゲームボーイアドバンスだ」ということにしておいて欲しい。

 

 

外観

私は、スタートゥインクルプリキュアのキュアミルキーのようなターコイズカラーにした。

f:id:yasuokaden:20190922201412j:image

カラフルなオリジナルSwitchと違い、単色で飾りっ気のないカラーリングはいかにも任天堂の携帯ハードらしい。

この点、良くも悪くもゲームボーイポケットの時代から変わってない。

 

ボタン配置などはPS Vitaに酷似していると噂だが、あいつよりもスタイリングがシンプルでよりゲーム機らしい。

ソニー史上最高のデザインだったPSPにはデザインも小ささも負けるが、薄くて現代的な外見になっている。

そのうちコピー機で印刷できるくらい薄くなりそうだ。

 

ディスプレイ

参照:https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/compare/


Switch Liteのディスプレイの大きさは5.5インチ。

従来のSwitchの携帯モードが6.2インチだから一回り小さい。

New3DSLLやNew2DSLLの上画面(4.88インチ)よりも少しだけ大きい。

ただ画面の数が減ったため、情報量は3DSよりも少なく感じる。

 

バッテリー

実はバッテリー持続時間は、従来型のSwitchに勝っている。

任天堂によるとSwitch Liteのバッテリーは3〜7時間

従来Switchの2.5〜6.5時間から0.5時間も伸びた!30分も長く遊べるらしい!

 

3DSシリーズの最終形New 2DS LLは3.5〜6.5時間といい勝負。解像度で圧倒していることを踏まえれば、実質は圧勝だ。

 

なお、8月末から出ている普通のSwitchの新モデルは、4.5〜9.0時間

バッテリー重視で買うなら、断然こちらのバッテリー増強Switchをオススメするね。

 

重さ

Switch Lite:275g

Switch:398g

New2DSLL:260g

New3DSLL:329g

 

Switch Liteの最大の利点、「軽さ」。

joy-conをスパッと切り捨て、従来のSwitchから100g以上のダイエットに成功した。

これにより、最新の携帯専用機だったNew 2DSLLともほぼ変わらぬ重さになった。

重心を考えれば、むしろSwitch Lite の方が軽く感じる。

 

操作感・使用感

まず十字キーが付いているのは良いね。気に入ったよ。

ジョイコンが無くなって、良くなった点だ。

十字キーがついていると、いかにも携帯ゲームって感じだ。

手触りは、特別な感じはない。従来のSwitchと同じ素材が使われているのだろう。

 

さて、肝心の使用感。

マリオメーカー2を1日遊んでみたが、ボタンの押し心地は、あまり反発力が強くなくて、押している実感が少ない。

さらに手で持つスペースが小さすぎて、長時間使用していると、やや疲れてしまう。

また、HD振動がないのは存外に寂しい。ノーマルSwitchがゲームでミスした時、蚊の鳴くような音でプルプル震えてたのが懐かしく思える。臨場感が減ってしまった。


携帯専用 Nintendo Switch Lite TVCM2

正直、あまりアクションゲーム向きではない。Switch LiteはポケモンのようなRPGでこそ真価を発揮するだろう。

むしろ私個人としては、将来はポケモン専用機になるだろうと予想しているよ。

 

 

Switch Lite総評