やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

【剣盾対応版】ゼラオラの育成論・考察。性格による違いなど。このイケメンを使いたいよね。【ポケモン剣盾・USUM】

めちゃめちゃカッコいいゼラオラの育成論

 ゼラオラというポケモンを何かの早バレで見てしまった時、私の頭をよぎったのは「ケモナーの友人がめっちゃ好きそうだな」ということだった。

 

※この記事はUSUM用に2018年7月30日に書かれた物を剣盾用にリライトした。
(最終更新:2020年7月3日)

f:id:yasuokaden:20180731152938p:plain

次に思ったのが、「『陰陽大戦記』に出てきたやつに似てる」だった。
(追記:色違いでますますアイツっぽくなった)

 

 

要はポケモンっぽくないと感じていた。

 

そんな感じで、「好きな人は好きだろうけど、私は別にこんなポケモン好きじゃないし?」なんて態度をとっていたのだが、実は私は自分の中でこのポケモンのかっこよさに少しキュンと来ている自分に向き合えないでいた。 続きを読む

【中国ゲーム考察】ポケモンUNITEを作るテンセントTencentはどんな会社なのか?

ポケモンUNITE、ダイパリメイクかと思いきやまさかのMOBAだったという

ポケモンの新作発表会があると聞くと、さあ今度こそダイパリメイクだ、と聞くようになって久しい。

もうルビサファのリメイクが2014年だったので、それ以降もう4,5年はダイパリメイクの話をしてるんじゃなかろうか。

さて、ポケモンUNITEである。ダイパリメイクではなかった。

ポケモンUNITE

引用元:https://youtu.be/Q66hnOFi0nc

 



中国のTencentGames(テンセントゲームズ)が手掛ける、いわゆるMOBAと言われるジャンルの、リアルタイム戦略バトルだ。

今回の記事では、このテンセントとはどんな会社なのかを調べ、さらに中国製ビデオゲームの現在も紹介していこうと思う。

続きを読む

ウーラオスは「いちげきのかた」と「れんげきのかた」どっちを選ぶか、超シンプル解答。

鎧の孤島の新ポケモン、ウーラオスには「いちげきのかた」「れんげきのかた」という2つのフォルムが存在する。

このウーラオスで厄介なのが、1プレイにつきどちらか1体しか手に入らないことだ。

貴方が周回を苦にしない廃人だとか、別にウーラオスなどいらぬという友人でもいない限りはね。

 

そしてこのウーラオスは禁止伝説ではないので、来月あたりからランクまでも使える。

全く、厄介な2択を押し付けられたものだ。

御三家だって、後からいくらでも入手し放題だというのに。

 

この記事では、ウーラオスの2択を考えるのが面倒な方のために、さっぱりした解答をプレゼントしよう。

続きを読む

ポケモン剣盾DLC予想|キョダイマックス追加ならこんなポケモン8選。キョダイガルーラ、キョダイドラパルトなど【鎧の孤島・冠の雪原】

剣盾DLCに出そうな新キョダイマックスを予想!

今回はポケモン剣盾DLC、 鎧の孤島・冠の雪原に出てきそうな新しいキョダイマックスを考察する。

キョダイマックス戦

ポケモン剣盾ではメガシンカとZワザが無くなったことは、既にみなさんご存知の通り。

それに伴い、アイデンティティとも言えた特性や技を失ったポケモンも多い。

その代わり、キョダイマックスが登場し、新たなアイデンティティが付与されたポケモンも出てきた。

ジャラランガのように、専用Zワザの弱体版を付与されたポケモンも出てきた。

 

鎧の孤島及び冠の雪原でも、シレっと新しいキョダイマックスポケモンが増えていくだろう。
具体的に追加されそうなポケモンを予想していこう。

続きを読む

ポケモン剣盾|初級者向け、ダブルバトルのコンボ集【5月29日更新】

 今回はポケモン剣盾ダブルバトルにおけるビックリドッキリなコンボをまとめてみた。(シーズン4までに登場したポケモンのみ)

 

セキタンザン

ダブルバトルはシングルよりも複雑であるが、その中でも単純明快で分かりやすい戦術のものを「コンボと称しまとめている。

より厳密に、この記事が指す「コンボ」を定義するなら、「特定のポケモン2体の横並びで、特定の技を選ぶことにより。有利な状況が作れるもの」とし、なおかつ、「他のポケモンでは再現が難しい」場合を記事にまとめている。

さらに

  • 味方殴り系
  • トリックルーム系
  • 天候系
  • 能力入れ替え系 
  • その他

と分類した。対戦での実用度は、各項目の上に載せているものほど高くなっている。

 

続きを読む