やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

ポケモンUSUM|新ウルトラビーストBURSTとLAYの種族値・タイプ・名前予想と考察など【ニンテンドーダイレクト2017.9.14】

2017年9月14日のニンテンドーダイレクトは、任天堂が村八分にされているTGS(東京ゲームショウ)への対抗を目的に行われた。

今回はウルトラサンムーンやマリオオデッセイの新情報に注目が集まった。

では、そんな任天堂の"御触書"が、どれだけありがたかったのかを見ていこう。

ポケモンウルトラサン・ウルトラムーンの新情報

 


ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン [Nintendo Direct 2017.9.14]

 

 

まず9月22日(金)から予約開始となるとのこと。

 

中でも「新ウルトラビースト」が今回の目玉であるので、そこだけ目を通せば十分だ。

 

【今回の目玉!】新ウルトラビースト

お待たせした。今回の目玉情報について語っていきたい。

USUMの新情報が見たい人は、ここだけチェックしておけばいい。

ここ以外は、読み飛ばしてもらっても何ら問題ない。 

 

今回のニンテンドーダイレクトで、"UB:BURST"と"UB:LAY"というコードネームの新ウルトラビースト、つまり新ポケモンが登場することが分かった。

今回の新情報では、一番のサプライズとビッグニュースだ。

 

UB:BURSTとUB:LAY

f:id:yasuokaden:20170914153742p:plain出典:Nintendo Direct 2017.9.14 プレゼンテーション映像 - YouTube

 ウルトラサンにのみ登場。

BURSTは頭が爆発するキャンディの包み紙?アイスクリーム?+ピエロのような姿。

 

 

f:id:yasuokaden:20170914153512p:plain 出典:Nintendo Direct 2017.9.14 プレゼンテーション映像 - YouTube

 ウルトラムーンにのみ登場。

LAYは積まれたレンガの城壁+百目のような姿。足の生えた煙突にも見える。

 

 

LAYは目玉だらけなので、またしてもトライポフォビアの人が嫌がりそうなデザインである。BURSTもか?

UBはすべからく珍妙な姿をしているので、こんなのもありかもしれない。変なポケモン好きな人は喜ぶだろう。

だが率直に言って私はできるだけPTに入れたくないデザインだ。彼らがやたら強いポケモンでないことを願う。アクジキングくらいのポケモンだと期待しておこう。

 

新ウルトラビーストに関する3つの予想

 

種族値予想

種族値予想だが、UBであるから、すべてのステータスが素数になっていて、合計種族値は570だろう。

素早さは、BURSTが70族のメタグロスを上回っているとしたら、71族(70より大きい1番小さな素数)くらいか?

LAYはどう見ても鈍足だろうから、50族未満の47族くらいと予想。

 

タイプ予想

そんな対戦マニアしか喜ばない予想はいい?ならばタイプ予想をしよう。

 BURSTは、今までに見たことのない技でメタグロスに抜群を取っている映像がヒントになる。

 おそらくこれはBURSTの専用技だろうから、その技とBURSTのタイプは一致するだろう。

 メタグロスの弱点は、じめん・ゴースト・ほのお・あくの4つ。

「BURST=爆発する」という意味からして、ほのおタイプが濃厚だ。

 デンジュモクのほのおタイプ版のようなポケモンになるのではないか。

 

次にLAYだが、これが「(レンガなどを)積み上げる」という意味である。見た目もレンガでできているような感じだ。

ならば、いわ・じめんの複合タイプか。ただし、これだと弱ポケモンの仲間入りをしてしまうことは目に見えている。

見た目の重厚さや色合いからして、はがねタイプは持っていてもおかしくない。

とりあえず、いわ・はがねタイプと予想しよう。これでもボスゴドラと同じ4倍弱点2つのポケモンになってしまうが。

鈍速でこれだとかなり辛い。じめん・はがねだったらまだ戦えそうだが、このレンガレンガした見た目で岩が入ってないのは違和感がある。

 

 

※10/7追記。BURSTはほのおゴーストで、LAYはいわはがねで確定。LAYは予想通りだったが、BURSTはまさかシャンデラやAガラガラと同じタイプで来るとは。どのような差別化要素があるのか注目だ。ミミッキュに弱くなってしまいそうなのは残念だが。

 

名前予想

やっぱり対戦しない人には興味が持てなかった?ならば最後に名前予想をしよう。

もうみんな忘れてしまっただろうか、サンムーンのとき、例えばウツロイドはPARASITEと呼ばれていたことを。

 

まずBURSTだが、爆発、ピエロのような見た目なので、

バクラウン

でどうだろう。爆発+クラウンだ。

 

そしてLAYの方だが、こいつはとにかくレンガだから……

レンガリオン

とかでどうだろう。少しボルケニオンやテラキオン・ビリジオン・コバルオンと被るが……。なんとなく強そうだ。

まあさっき挙げたタイプだったら名前負けしそうだがね。

 

日食ネクロズマと月食ネクロズマ

ブラック2・ホワイト2のブラックキュレム・ホワイトキュレムと同様に、あのパッケージのポケモンは実はネクロズマだったようだ。

 

日食ネクロズマ月食ネクロズマとは何とも珍妙なネーミングだ。南アフリカ共和国のズマ大統領も、驚いてまた数字を読み間違えてしまうだろう。


Zuma 7 hundred and 69 thousand 8 hundred and 20 and 70

 

とは言え、フォルムは悪くない。私はこの日食ネクロズマが、ゾイドのライガーゼロみたいで好きだ。

 

アローラ地方に新マップが

アローラは観光事業を拡大し、サーファーの受け入れにも積極的になったようだ。

ピカチュウの森も登場しポケモンセラピーのお店もオープンするのかもしれない。

購入特典

まず早期購入特典として、ルガルガン(たそがれのすがた)に進化するイワンコがもらえるそうだ。これは前の情報にも合ったとおりである。

www.mikai.jp

 うむ、ルガルガンはもらっておきたい。

 

次に、ダブルパックを購入するとモンスターボール100個がもらえるようだ。誰が欲しがる?

まあ、特典が豪華すぎたらそちらの方が文句を言うので、この際多くは言うまい。

 

あとは金銀VCを買うと、セレビィがもらえる様だ。

www.mikai.jp

これは少し欲しい。セレビィをもらえる機会など数年に一度だろうから、できれば貰っておきたい。

 

その他、気になったゲーム

 

過去にこのブログでも紹介したロケットリーグ

www.mikai.jp

 

このゲームは他に類をみないユニークなスポーツゲームであり、競技性も高い。

しかも価格も2000円と安い。

ぜひスイッチで遊んでみたいタイトルだ。

 

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

 

www.youtube.com

昔ながらの2Dグラフィックと戦闘システムで、主人公は8人の中から選べるオープンワールドRPGという中々ユニークなゲーム。

 

開発はスクウェア・エニックス。スクエニはドラクエやFFのブランドに頼り切りかと思っていたが、このような意欲的なゲームを開発する野心を持っていたらしい。

これは素直に期待しよう。後日、体験版のレビューをしたい。

 

スーパーマリオオデッセイ

 

www.youtube.com

 スーパーマリオギャラクシー以来の、大作マリオになりそうだ。

 絵の中に入れる、64の要素などがさりげなく入ってるのもうれしい。

 まあ、この作品については発売してからじっくりと遊んで記事にするだろう。

 合わせて読みたい

www.mikai.jp