やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

任天堂がNintendo Switchで新作を出すべきタイトル4選

スーパーマリオメーカー 

誰もがスーパーマリオの世界の創造主になれるゲーム。

WiiUソフトの陰のMVPだった。3DS版で出したなら、Switchでの登場も待ち焦がれる。

 

ただ、このゲームはゲームそのものだけで成功したわけではない。

成功の裏には、世界中の天才クリエイターが作った驚くべき様々なステージが遊びつくせない数あることや、難関コースに果敢に挑む実況動画など、インターネットを通じて巨大なコミュニティを形成できたことが大きい。

Switchのオンラインサービスは有料になるので、間違いなくそのコミュニティの規模は縮小してしまう。

また、WiiUのオンラインサービスも、いずれ終わりの時は来る 。そうなったら宝の山のようなステージの数々が、もう遊べなくなってしまう。

それはあまりにも惜しい。黄金の卵を産む鶏を絞め殺すも同然だ。

 

そのため、Switch版では、人気のあるステージだけでも移植するなどは最低でも必要だ。

さらにニンテンドーオンラインに加入してない人でも一部限定でDL可能、わずかでも投稿可能にするような、サービスがあってもいい。

 

 

マリオストライカーズ

 


マリオストライカーズ チャージド 紹介映像

やや過激な内容で、他のマリオシリーズとは一線を画したゲーム。

Next Level  Gamesというカナダのゲーム会社が制作した。

Wii Uではついに新作が出ることはなかったが、Wii版のDL版が昨年購入可能になっている。

相手の後ろからなぎ倒す、炎で焼く、電撃でシビレさせるなどなんでもありなサッカーゲームで、FIFAのフェアプレー精神などハンマーで叩き壊してしまおうという作品だ。

日本には「イナズマイレブン」という超次元サッカーゲームも人気だったが 、暴力性という意味ではイナイレ以上である。

しかも歴史とブランドのあるマリオシリーズで出したのだから、驚きだ。

 

おそらく、このゲームはサッカーに明るくないカナダ人だから作れたのだろう。

彼らはアイスホッケーばかり見ているため、サッカーのボディコンタクトはぬるいと感じていたに違いない。

実際このゲームはスローインがなくボールが壁に反射するなど、アイスホッケーのルールに近い。

                                

大乱闘スマッシュブラザーズ

 

あえて書くまでもないかとも思ったが、改めての新作に期待したい。

 3DS版、WiiU版とも悪いゲームではなかった。

なかったが、正直夢中になってやっていた64版やGC版程の魅力は感じなかった。

 

単に私がトシを取って、飽きが来たということなのかもしれない。もちろん、それもあるだろう。

だがこのゲーム自体、Wii版、WiiU/3DS版と、革新的なポイントがなかったのも事実だ。

キャラのネームバリューは初代よりもずっと豪華になった。だが肝心のゲーム内容は、GC版からほとんど変わっていない。

私の見解を言えば、初代スマブラは対戦アクション界・格闘ゲーム界における革命児で、美しく芸術的で、神々しさまであった。

GC版は、ゲームとして完成されていた。

だがWii版、WiiU/3DS版は、一般的な格闘ゲーム並みの進化を遂げたに過ぎなかった。

 

Switchでの新作が、 かつてのような感動をもたらしてくれるゲームになることを願っている。

 

カスタムロボ

 

これまでに5作のシリーズ作品が出ている。

最新作が出たのは、2006年のDSで、もうだいぶ昔のことだ。10年以上の感覚はもはや新作は絶望的のようにも思えるが、昨年WiiUバーチャルコンソールが出たので、まだ不可能ではないと思っている。

このゲームを制作していたノイズだってまだ生きている。

 

このゲームの特徴は、何と言っても対戦ゲームなのに最初の敷居が低いことだ。

これはSwitchの起動が早く、手軽に始められるという特性にマッチしている。

オンライン対戦が当たり前になった現代で、改めてこのゲームを遊んでみたい。

 

現代ではスプラトゥーンという素晴らしいゲームもあるが、これは個人戦で特徴が異なる。当時の操作法を再現すればARMSよりも、操作は簡単で遊びやすくなるだろう。