やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

クラシックミニ ニンテンドー64がもし発売されたら。収録タイトル・本数・価格を予想

先日に続き「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の話題。

 

 

yasuokaden.hatenablog.jp

 

ただ今回は、まだ発売しておらず、発売するかも分からない「ニンテンドークラシックミニ ニンテンドー64」の予想をしよう。

 

f:id:yasuokaden:20170630001220j:plain      出典:NINTENDO64 - GATAG|フリー画像・写真素材集 3.0

 

さて、前回私は親の教育方針でスーファミを持てなかったと話したが、ニンテンドー64の頃には親の態度が軟化したのか、所持を認められた。

そのためコンシューマーデビューだった64には結構思い入れがある。

まず1番遊んだのは「大乱闘スマッシュブラザーズ」だろう。私はあのゲームの強さにだけは自信を持っていた。

今思えば井の中の蛙だったがね。

 

 

他にも「マリオカート64」も相当やった。

最初は下手でまっすぐ走ることすら苦手だった。そんな私が今は実際のクルマを運転している。

「マリオパーティ」シリーズも結構好きで、3か4くらいまではやっていた気がする。皆とやるのも好きだったが、だんだんやる人がいなくなって一人で99ターンCPUとじっくり対戦するようになり、それも割と楽しかった。

 

ただ、「スーパーマリオ64」だけはリメイク版も含めやったことがない。これも攻略本を読んで満足してしまったのだろう。テレビなどでさんざんプレイ動画もやっていたせいもある。

 

さて、本題に入ろう。

 

まずはミニファミコンと、ミニスーファミの収録作一覧を見てもらいたい。

ミニファミコン

  • スーパーマリオブラザーズ 任天堂
  • アトランチスの謎 サンソフト
  • ゼルダの伝説 任天堂
  • 魔界村 カプコン
  • ダウンタウン熱血物語 テクノスジャパン
  • ダウンタウン熱血行進曲それゆけ大運動会 テクノスジャパン
  • パックマン ナムコ
  • アイスクライマー 任天堂
  • イー・アル・カンフー KONAMI
  • スーパー魂斗羅 KONAMI
  • 悪魔城ドラキュラ KONAMI
  • ドクターマリオ 任天堂
  • バルーンファイト 任天堂
  • スーパーマリオUSA 任天堂
  • エキサイトバイク 任天堂
  • スーパーマリオブラザーズ2 任天堂
  • ドンキーコング 任天堂
  • つっぱり大相撲 テクモ
  • マリオオープンゴルフ 任天堂
  • ギャラガ ナムコ
  • マリオブラザーズ 任天堂
  • リンクの冒険 任天堂
  • 星のカービィ夢の泉の物語 任天堂
  • ファイナルファンタジーIII スクウェア
  • ダブルドラゴンII ザ・リベンジ テクノスジャパン
  • メトロイド 任天堂
  • ソロモンの鍵 テクモ
  • グラディウス KONAMI
  • ロックマン2Dr.ワイリーの謎 カプコン
  • 忍者龍剣伝 テクモ

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂

 

ミニスーファミ

  • スーパーマリオワールド 任天堂
  • F-ZERO 任天堂
  • がんばれゴエモン KONAMI
  • 超魔界村 カプコン
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース 任天堂
  • スーパーフォーメーションサッカー ヒューマン
  • 魂斗羅スピリッツ KONAMI
  • スーパーマリオカート 任天堂
  • スターフォックス 任天堂
  • 聖剣伝説2 スクウェア
  • ロックマンX カプコン
  • ファイアーエムブレム 任天堂
  • ファイナルファンタジーVI スクウェア
  • スーパーストリートファイターII カプコン
  • スーパードンキーコング 任天堂
  • スーパーマリオヨッシーアイランド 任天堂
  • パネルでポン 任天堂
  • スーパーマリオRPG 任天堂
  • 星のカービィスーパーデラックス 任天堂
  • スターフォックス2 任天堂

収録タイトル一覧 | ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン | 任天堂

タイトル数予想

 

まず収録本数だがミニファミコン→ミニスーファミで、30本→21本と減っている。

割合でいうと21÷30=0.7で70%だ。

 

ということは1世代後の据え置き機になると70%までに本数が減るということか。

ミニ64では21×0.7=14.7で四捨五入して15本か。任天堂がケチれば14本になる可能性もある。

 

結論:収録タイトルは15本、もしくは14本。

 

価格予想

 

ミニファミコン:税別5980円

ミニスーファミ:税別7980円

 

1世代進んだら単純に2000円増えた。

各6000円、8000円と考えるなら、約1.33倍になった。

 

となればミニ64は、9980円か、1.33倍の10640円か。まあなんとか1万円以内には抑えたいと考えているだろうから、半端に5ケタになるよりはギリギリ4ケタの方を推したい。

 

結論:税別9980円

 

 

収録タイトル予想

 

まずミニファミコンとミニスーファミの収録作をメーカーごとソートしてみよう。すると。

 

ミニファミコン

  • 任天堂:14
  • KONAMI:4
  • テクモ:3
  • テクノスジャパン:3
  • ナムコ:2
  • カプコン:2
  • スクウェア:1
  • サンソフト:1

 

任天堂ソフト率、約46.6%

 

ミニスーファミ

 

  • 任天堂:13
  • カプコン:3
  • KONAMI:2
  • スクウェア:2
  • ヒューマン:1

 

 

 任天堂ソフト率、約61.9%

 

1代進んだら、任天堂のソフトが占める割合が約15.3%上昇した。

そうすると、ミニ64では77.2%、15本入りだと想定すると、11本か12本は任天堂のタイトルになりそうだ。

 

 

まず売り上げから言って

 

  • マリオカート64
  • ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ
  • スーパーマリオ64
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ

 

は確定。

 

  • ドンキーコング64
  • マリオテニス64
  • マリオパーティ
  • 星のカービィ64
  • スターフォックス64
  • ヨッシーストーリー

も手堅く入りそう。

 

海外で爆売れした「007 ゴールデンアイ」も入って然るべきだが、版権が微妙だ。

 

「ポケモンスタジアム」シリーズはGBと連動必須だから難しいか。ポケモン枠なら「ピカチュウげんきでちゅう」というのもあったが、これもマイク機能が微妙だ。

ポケモン枠は手堅く、「ポケモンスナップ」と予想する。

 

 個人的には「カスタムロボ」も入ってると嬉しいので、入れておきたい。

 

これで12本。

さてサードパーティーだが……ニンテンドー64は驚くほどサードパーティのソフトがない。

ニンテンドー64は初代プレイステーションよりも性能が上だが、発売時期がプレステよりだいぶ遅かったので、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」といった人気タイトルを持っていかれてしまったのだ。

かと言って、サードパーティから真新しいタイトルが旋風を呼ぶこともなかった。

 

あえて入れるなら、チュンソフトの「不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!」とKONAMIの「がんばれゴエモン」シリーズくらいだろうか……。

 

これで14本。

 

最後の一枠は、サプライズで「MOTHER3」64版とみた。「スターフォックス2」が収録できた任天堂なら成し遂げるかも。

 

結論

  • マリオカート64
  • ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ
  • スーパーマリオ64
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ
  • ドンキーコング64
  • マリオテニス64
  • マリオパーティ
  • 星のカービィ64
  • スターフォックス64
  • ヨッシーストーリー
  • ポケモンスナップ
  • カスタムロボ
  • 不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!
  • がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
  • MOTHER3

ま、そもそも発売するかわからんのだがね。ミニスーファミが売れれば、味を占めて発売するかもしれない。