やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

キズナアイのゲーム実況にハマったので何が面白いのか考えてみた。

バーチャルYouTuber?実にくだらない。

ほんの2,3ヶ月前の私ならそう言い放っていたであろう。

それが最近では、キズナアイのゲームチャンネルに配信を心待ちにするようになってしまった。

 

一体キズナアイの何が私をそうさせたのか。

キズナアイは3次元YouTuberと何が違うのか。

 

3次元の女性YouTuberは、どんなにかわいくても限界がある。

100人が見て100人が美人と思う人なら、とっくに女優かアイドルかモデルになって売れているだろう。

2次元なら声がかわいいけど顔が……なんて心配は無用だ。3DCGモデルの彼女の顔は理想が詰め込まれているので、3次元YouTuberは残念だが到底太刀打ちできない。

 

それにゲーム実況を見るような人間というのは、私も含めて2次元の女の子の方が好きな人ばかりなのだ。

諸君らは、「もしかしたらこの子と付き合えるかも」なんて下心を抱いた低俗な出会い目的連中とは違う。

決して届かない2次元に憧憬を抱く高貴なDTなのだ。

「彼氏がいるかも」と心配する必要もない。

 

キズナアイの何が好きなのか?

 

さて、3次元Youtuberとの違いを述べたが、それはキズナアイの一面に過ぎず、本当の魅力は別にある。

まずキズナアイの見た目はベタベタな美少女キャラで、特にこれと言った特徴はない。せいぜい髪に塗り間違いでピンクのメッシュが入ってるくらいだ。

見た目だけなら、そこらの自治体が考えた今風のご当地キャラと大差はない。

キズナアイのキャラクター性をご当地キャラと異なるものにしているのは、彼女の性格だ。

彼女は見た目に似合わず「小悪党」のような性格をしている。このギャップが彼女の人気の秘訣だ。

キズナアイは、タイムボカンシリーズの悪人トリオやポケモンのロケット団トリオのように「笑いを提供する悪役」なのだ。

 かわいい見た目なのに、性格と行動はまるでザコキャラ。

そんなキャラクター性が、見ているものに安心感と笑いを与えてくれる。

例えばPUBGのプレイ動画は彼女がゲームをプレイする時のお約束のパターン、「調子に乗る→すぐ死ぬ」が短い時間に網羅されている。

 

www.youtube.com

 

余談:キズナアイの声優は

 

ネットではキズナアイの声優について様々な憶測が飛び交っているのを見かける。

 

  • 斎藤桃子説
  • 赤崎千夏説
  • 内田真礼説
  • 上坂すみれ説

 

まず斎藤桃子内田真礼だと言う人は、私に言わせればまるでなっちゃいない。

初期の頃は少しだけ斎藤桃子っぽい感じもあったが、最近のを聞けば全く別人だとすぐわかる。ソルティレイラジオを少しでも聴いた人なら、同一人物ではないとすぐに気がつく。

また内田真礼のようなまだ20代で人気声優が、毎日アップロードされる動画プロジェクトに参加できるとは到底思えない。

上坂すみれも同じ理由でありえない。そもそも声が全然違う。逆にどこら辺が上坂すみれだと思ったのか聞きたいくらいだ。

赤崎千夏は声も似てるし、まだ可能性がありそうだが、よく聴くと違う。

 

キズナアイがどこぞのベンチャー企業が始めたプロジェクトだとすると、初音ミクを思い出す。

あの頃、藤田咲の名前を知っている人はいなかった。

声優の名前で売り出しても大きな花が咲かないことをクリプトンは知っていた。

 このキズナアイを手がける何某だかの企業も、初音ミクのようなビジョンを描いているはず。

 だとすると、スケジュールも大いに空いている無名の新人声優を起用したのだろう。もしくは「裏のPCゲームの世界」で駆け出しレベルの声優か。

その無名の声優を当てられるのならば、真の声優オタクだ。そこら辺は残念だが私の知識では及ばない。

「新人声優の〇〇ではないか?」ズバリ言い当てる人がいたら、その人の意見が正解なのかもしれない。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

こういう動画を見ると、まだ売れてない(はず)にしろ、やっぱりプロの声優なのだろうなと感じる。

またキズナアイはどこまでが台本でどこまでが素なのかよくわからない。中の人の実力は未知数だ。