やすおかのポケモンなどブログ

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。まだ見ぬ未開の地を求めて

アリス・ギア・アイギスの感想・レビュー|3Dシューティング?いやプロレスだ。

美少女カスタマイズアクション、アリス・ギア・アイギスとは

あなたは格闘技やプロレスを見るのは好きだろうか?私はテレビでやってれば見るという程度には好きだが、全く見ない人は格闘技とプロレスが同じ物だと思っているかも。

 

 さて今回はアリス・ギア・アイギスというコロプラ製のゲームについての話をしよう。この前、私が任天堂とコロプラの裁判について記事を書いたところ、それなりの反響があった。

www.mikai.jp

しかしこうも思った。私はコロプラのゲームをほとんど遊んだことがない。魔法使いと黒猫のウィズ、白猫プロジェクトを少し触ったくらいだ。

そんな私が任天堂とコロプラの裁判について論じるのは、いささか中立的ではなかったかもしれない。

f:id:yasuokaden:20180326191252p:plain

そこでコロプラの良い所を探そうと思って始めたのが、美少女カスタマイズアクションを謳うアリスギアアイギスだった。

アリス・ギア・アイギス

アリス・ギア・アイギス

  • COLOPL, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

というのは建前で本当は、島田フミカネ氏のイラストがかわいいからだ

「ストライクウィッチーズ」の頃から島田フミカネ氏のファンである私は、度々TVやツイッターなどでプロモーションを見かけていたアリスギアが気になっていた。

「ストライクウィッチーズ」を未来的にしたデザインのキャラも魅力的に見えたし、武装カスタマイズアクションゲームというジャンルも、私好みだろうと予感した。

 

が、アリスギアはあまりに操作が陳腐で楽しくなさ過ぎてすぐにやめた。このゲームは指を適当に動かしているだけでいつの間にかステージがクリアされ、達成感はほとんどない。いくら序盤とはいえ、簡単すぎる。

わざわざ3Dにしてる意味もよく分からない。エイミングの楽しさはこのゲームには皆無だ。何故ならオートエイムだから。カメラだって操作できない。"なんちゃって3D"と言える。

 

 このゲームは「ポケモンXY」や「ポケモンORAS」であった"スパトレ"みたいな操作感だ。あの努力値調整のために渋々やったミニゲームだ。

あれをガワだけを変えたのがこのゲームだと言うとやや乱暴だが、シューティングの部分だけ見れば近い。任天堂を挑発するのが好きなコロプラらしいゲームかもしれない。

 

スマホゲーの多くは、質の低い割にはカネばかり請求してくるゲームが多いことは知っていたが、アリスギアはそうではないと信じたかった。

あんなにプロモーションに力を入れていて、この程度のゲームしか作れないのだろうか?と残念な気持ちになった。

加えて、3Dシューティングとスマホの相性も最悪だと感じた。2Dのゲームと違い、3D空間を指だけで素早く操作するのは現行技術では無理があるようだ。

 

転機になったVTuberシロ、猫宮ひなたのプレイ動画 

私の初プレイからしばらくして、転機が訪れた。

バーチャルYouTuberのシロちゃんや猫宮ひなたちゃんがアリス・ギア・アイギスのプレイ動画をそれぞれアップした。しかもほとんど2人同じタイミングである。

これを見て私は「コロプラがシロちゃんやひなたちゃんの家族を人質にとってやらせてるに違いない」と確信した。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

何故ならコアゲーマーのシロちゃんと、FPS・TPSの名人である猫宮ひなたちゃんが、こんな幼稚な操作性のゲームで満足するなんて考えられないからだ。

私はシロちゃんやひなたちゃんの家族の安否が心配になった。

ただ、彼女らの動画を見て少しアリスギアへの印象が改まった。

 

コンシューマの3DSTGがガチンコの格闘技ならこれはプロレス

操作性などゲームとしてつまらないと感じていたのは、これがプロレスの試合なのに総合格闘技だと勘違いして来てしまった観客になってしまったからだった。

例えるなら、ガチンコを期待していたら、派手ながらも軽くよけられそうなラリアットとか、豪快ながらもいつでも抜け出せそうなカナディアン・バックブリーカーとか、なぜか当たるシャイニングウィザードとかを見て、私はポカンとしてしまった。

それらを見て、「なんだこの試合は、八百長か?」と思っていたのが、アリス・ギア・アイリスを初プレイした時の私だった。

 

プロレスを見て八百長かどうか論じるなど、アニメやドラマを見て「ヤラセだ」と言うくらい愚かなことだ。

プロレスを見るときは、合理性などは全て捨てて、ある意味バカになって純粋に見なければ面白くない。

アリス・ギア・アイリスとは、そういった態度で臨むゲームなのだ。

家族を人質にされながらも純粋に楽しもうとするシロちゃんやひなたちゃんの動画を見て、思い知らされた。

 

ああ、島田フミカネの描く女の子がかわいいなあ

そう思ったなら、他には何も考える必要はない。ゲーム内の女の子がかわいい、メカとの組み合わせでカッコかわいい、水着がセクシー、好きな声優さんが出ている。

そう思ったなら、もはやこのゲームは制覇したも同然だ。あとは好きなだけ課金するもよし、時間をかけてコツコツ集めるのもよし。

その合間に、一流のプレイヤーになった"気分"で、ビールでも飲みながら軽ーく片手で3Dシューティングを遊ぶのが本作だ。それこそシロちゃんやひなたちゃんの動画を見ながら、片手間にプレイしてもいい。

ガチな3Dシューティングが遊びたければ、スターフォックス等をやればよい。

 

そんな気分で、頭を空っぽにしてかるーくアリスギアを再プレイしてみた。

すると不思議だ……。初回プレイ時はあんなにくだらなく思えたゲームシステムも、少し楽しく思えてきた。

かわいい女の子が一生懸命戦っているさまを見守っている気分だった。あるいは自分自身が美少女となった気分を味わっているのかも。

 

アリス・ギア・アイリスのまとめ

 

  • 女の子+メカに萌えられれば、他に何もいらないゲーム。
  • 3Dシューティング要素はついでだと思えば結構楽しい。
  • 美少女が「主」、シューティングは「従」と心得よう。

 

↓ガチャで出たこの中ではこの子が一番好みだ。

f:id:yasuokaden:20180326191356p:plain

 

アリス・ギア・アイギス

アリス・ギア・アイギス

  • COLOPL, Inc.
  • ゲーム
  • 無料